ヒアロディープパッチの効果的な使い方【内からキレイになる3点】

正直なところ、ヒアロディープパッチは正しい使い方をマスターできないと効果半減!?

 

アットコスメなど口コミに書かれている中に、実はこんな評価が書かれていたってあなたはご存知でしたか?

 

「思ったより粘着力が低くてはがれやすい」
「化粧品の油分には注意したほうがいい」

 

良い口コミがある反面、1割くらいは悪い口コミもありました。

 

公式販売店(北の快適工房)でも書かれていたんですが…

 

シートがはがれやすくて困っています。どうしたらいいですか?

以下の2点をご確認ください。

 

◆化粧水や乳液がなじむ前にシートを貼っている
シートが肌に密着しにくくなるため、直前に使用するスキンケア用品は、しっかりとなじませてください。
塗布後、1〜5分程度時間をおき、シートを貼る部分に指で触れてみて、水分や油分が肌に残っていないことを確認してから使用してください。

 

◆油分が多いクリームを使用した後にシートを貼っている
油分が多い保湿クリームを塗ったあとは、シートが肌に密着しにくくなる場合があります。
先にシートを貼った後、シート部分を避けてご使用ください。

 

せっかくのスペシャルケアも、そもそも貼れなければ保湿効果など実感することも無理です…

 

ここでは、こういったトラブルを防いでしっかりと実感を得る為に大切なポイントを3つにまとめました!

 

良ければ参考にしてみてください。

ヒアロディープパッチの正しい使い方で効率アップ!

寝る前のお肌の過剰ケアをやめる

 

乾燥するからといってベタベタになるまでたっぷり保湿するのはお肌に負担で角質層がふにゃふにゃになります。

 

プールやお風呂に入り続けるとシワシワになる症状と同じですね。

 

また、過剰な保湿をしてからヒアロディープパッチを貼ってかゆみなどの原因にもなりかねないです。

 

化粧水でも、美容液でも、クリームでも、たっぷりじゃなく『とりあえず乾燥を感じない』程度に抑えるのが◎

 

貼る部分を指でチェックしてティッシュオフ!

 

マイクロニードルは粘着力が意外と弱いので、化粧水の水分やクリームの油分はもちろん、皮脂にも注意です!

 

クレンジング&洗顔の後は化粧水・美容液はほどほどにして、塗ってから最低でも5分以上はなじませる時間を取ります。

 

 

 

化粧水で保水はできているので、あとはダイレクトに角質層まで届くヒアルロン酸のニードルで十分にふっくら保湿できます。

 

そのあと、パッチ部分を避けて乾燥が気になる所にピンポイントで美容液やクリームを使っていきましょう。

 

あとは貼り方に気を付けて目元や口元に貼る→5時間以上の睡眠でしっかり浸透!

 

あとは、同封されている説明書を参考に、一回で済ませる(粘着力が低くはがれる事もある)ようにします。
20代、30代は皮脂の分泌量も多いので、洗顔&化粧水やクリームはしっかりと浸透させてから貼りましょう!

顔の年齢を加速する老け顔5連発を卒業するために…!

・目の下のたるみでだらしない印象に
・さらに目のクマ(黒クマ)があって不健康そう
・目じりに乾燥小じわが多い
・ほうれい線のシワが深くて見た目年齢が跳ね上がる
・上まぶたもたるみがひどくて目もちっちゃい

 

全部が当てはまってしまったらもうおばあちゃんレベルでなかなかケアも大変です。
ですが、あなたがまだ1つか2つ当てはまるなら、これからきっちりとケアしていけば十分に間に合います!
ヒアロディープパッチに限らず、お肌のケアは早いうちから始めるのが◎です。

芸能人も愛用するヒアロディープパッチがなぜ人気?その3つの理由

ヒアロディープパッチのジャンルは『マイクロニードル』っていうんですが、それがいま美容に関心の高い芸能人の間でも急激に流行中なんです!
ヒアルロン酸注射と比較してもお手軽で、値段もグッと安いから続けやすいのがウリでもあるんです。
実際に使ってみた方の7〜8割は大満足、1割はほどほどに満足、1割は不満足という割合で、かなり優秀な化粧品だというのがわかります。
【ヒアロディープパッチ 効果 画像】と調べていただくとわかりますが、実際に使ってみた方のブログ形式の口コミも見れたり、インスタグラマーで人気の方の利用しているシーンも見れます。
中には、ビフォーアフターを載せて実感中を書いている方もいますね。
みんなに見せたくなるくらい、ヒアロディープパッチの効果は高いんです♪

ほうれい線やゴルゴ線は使い方によっては痛い?副作用は?

ヒアロディープパッチに持っているイメージ、あなたはどうですか?
わたしは当初、目の下専用のマイクロニードルかと思っていました。
でも…
実際は、顔全体に使えることがわかったんです!
目の下はスタンダードな場所で、ほかに目じり、上まぶた、ほうれい線、ゴルゴ線まで!
皮膚が薄い部分ほどダメージを受けてシワになりやすいので、目の下はもちろん、額にも使用する方も。
ヒアロディープパッチは、基本的に顔全体に使えて、副作用の無い(添加物フリー)な成分で構成されているので、安心なんですね。
また、最悪お肌に悪影響があればすぐに使用をやめて、返金保証を使えば料金的な負担はほとんどありません。

初めてなら絶対に返品・返金保証に目を通すべき3つの理由

ヒアロディープパッチに限らず、この商品を出すメーカーの『北の快適工房』さんは、必ず返金保証を付けています。
理由はシンプルです。
どんな化粧品でも失敗するリスクがあることを知っているから。
また、持続できるかできないかを判断するのに、お試しのようなサンプル品や返金保証は必須!
期間は決まっているものの、そういう保証をサービスしてくれるからこそ、信頼できる会社だと感じています。
また、製造元は安心の国産なので、安いから品質が悪いなんてこともありません。

貼る場所や頻度で注意したい所!

ヒアロディープパッチは基本的に顔全体に使えます。
ただ、あくまで基本であってもちろん例外はあります。
まず、粘膜が近い部分は、危険性があるので避けましょう。
・目の下3mm以内の距離(眼球に当たらないように)
・唇など粘膜の近い部分
また、このマイクロニードルは、一週間に一度のプレミアムナイトケアとして、間隔は空けて利用します。
何せ、角質層に直接刺して届けるからこそ、お肌への負担もそれなりにあります。
デリケートな顔だからこそ、使用方法にはしっかりと注意を払って(もちろん使用期限も守って)、美肌を目指していきましょう!